『アニメブック』サポートページ & よりたのしむ方法



<テキストが入手できるサイト>

 青空文庫

  ・片岡義男『夏と少年の短編』など、著作権が切れていなくても作者の意向で
   自由公開されている作品もあります。小説でないと味わいがたい清涼感がおすすめです。


 日本ペンクラブ電子文藝館

  ・江戸川 乱歩の『押絵と旅する男』のほか、小説以外の文藝作品も多数あります。



<いろんな楽しみ方>

 ・パソコンのなかにたまっているテキストファイルを使って「本」を作り、縦書きで読書してみると楽しいかも。

 ・『アニメブック』には登場人物の名前を変更する機能(置換)があるので、
  主人公を自分の名前にしたり、ヒロインを好きな人の名前にするとおもしろいかも。


 ・好きな「詩」を自分で文字入力して、本をつくり、たのしむ。
  私は、吉野弘 さんの詩が好きなので、自分で「夕焼け」という詩を打ち込んで読んでいます。
                         (吉野弘『10ワットの太陽』思潮社


<アプリのサポート情報>

 ・今後すこしづつ追加していく予定です。

←もどる


JBOYSOFT www.jboysoft.jp